今日は、DMXのアドレス設定についてご説明


DMX対応の照明機器は、DMXコンソールで制御する際に
それぞれの灯体に番号(スタートアドレス)を設定する必要があります。

灯体番号の設定


まず事前に、使用する灯体のDMXチャンネル数を確認しておく必要があります。
たとえば当店一押しのLED「LED PAR363TRI
363ch

これはDMX3チャンネル使用します。

LED PAR363TRIを4台並べてみます
startadd
4台すべてを同じ動きにする場合は、同じスタートアドレスに設定。
また、4台それぞれ違う動きで制御したい場合は、

   1台目:スタートアドレス1
   2台目:スタートアドレス4
   3台目:スタートアドレス7
   4台目:スタートアドレス10
 となります。

DIPスイッチについて

スタートアドレスの設定スイッチは、
デジタル表示になっていて、文字表示を見て確認出来るものもあれば、
DIPスイッチを採用しているものもあります。

dip_photo

参考までに簡単に表を作ってみました。
DIPスイッチは「2進法」をもとにスタートアドレスを設定します。

DIPBLOG

スタートアドレスの設定は非常に大事なことなので、
間違えないように、よく覚えてください!

どうにも憶えられないという人にはこれ

DMXTODIP DMXDIPAR

  スマートフォン用のアプリです。

  スタートアドレスを入力すると、正しいDIPスイッチングが表示されます。
DTD

脚立の上でも、片手で操作出来ます。
かなり便利です。

細かくチャンネル分けされた現場では、ほんと重宝しますよ♪